【手荒れヒビ】乾燥対策にユースキンがおすすめ!

スポンサーリンク

こんばんは、よこよこです。
秋の乾燥は辛いですね(´・_・`)
ここのところ一気に乾燥して、
さすがに何もつけない生活の私も
この乾燥には負けてしまいます…。
毎年お世話になっている
わたしの定番といえば
ユースキンです!
image
だって、何度も料理で手を洗ったり、
洗剤で洗い物したりするじゃないですか…
油が抜けてパッサパサになります!(泣)

そこでいつもユースキンを
手に塗ってから眠りますと
翌朝には潤いを取り戻してくれます。
いやほんとに。

秋から冬が終わるまでは
毎日の必需品となっています。
簡単にメリット・デメリット上げてみました。
●ユースキンクリームのメリット
・ヒジや腰周り、二の腕、すね、太もも…
 どこにでも使える。
・塗ったあとの効き目を感じる
・ニベアより塗りやすい
●ユースキンクリームのデメリット
・顔に塗ると吹き出物ができる(可能性あり)
・乳首に塗るとヒリヒリする
・多めに取って塗らないと塗れているのか不安
(減りがやや早い)
・ニベアより高い
一見デメリットが目につくわけですが、
個人的には効き目を考えると、
多少高くてもニベアよりユースキン派です。
昔はニベアも使っていましたが
翌朝の手を見てやっぱりユースキンかなぁ
と思います。
ちなみにおよその金額は以下。
 ・ニベア缶 → 169g 560円~600円
 ・ユースキン→ 120g 700円~900円

わたしは乾燥するとよく粉をふくので、
全身に使えるのは大変ありがたいですし、
お風呂上がりに塗ると
体が濡れているので塗りやすくなります。
そして、ユースキンの有効成分のおかげか
塗ったところがポカポカしている感じ。
そこに腹巻き巻いているので、
もう最強なんじゃないかと…(笑
ただ、顔はやめておいた方がよいです。
塗った翌朝以降、少しのあいだは
吹き出物が出ました。(わたしの場合)
あと乳首。ヒリヒリします。
きっと成分が乳首の切れ目から
効いているのでしょう。
手に塗る時は問題ないのですが、
体に塗るときは滑らせないで
手でパックするように塗る

馴染んでうまくいきます。
よく馴染むからこそ
減りも早いんだと思います。
本当はポンプタイプの方が
衛生的に使えそうなもんですが、
わたしの近所の薬局やスーパー…6件くらい回って
全然置いてなかったんですよね。
聞いたら人気なので在庫がないって…
えぇー…(´・ω・`)

また、ユースキンのハンドクリームには
ラベンダーの香りなど、
香りつきもあります。
チューブに入っていて、
とてもお気に入りです。
ほのかに香るので邪魔しないです。
たまに自分でクンクン嗅いで癒やされてますw
もちろん普通タイプもあります。

もう一つ、愛用しているのが
ユースキンのリップです。
image
初めて使った感想は「短っ!」(笑)
そう、長さは短めです。
普通のリップと同じ長さではありません。
非常にコンパクトで、軽いです。
↓の写真はすでに
使っているものですので
これよりは長いです。
image
繰り出しすぎたり、
力強く塗りすぎると、
思いっきり折れますので
ご注意ください。
先がやや丸くなってるので、
力がダイレクトに根元にいって
ボキッと折れます。
わたしは数本折りました…(笑)
塗ると、人によっては
「全然潤ってない…」
という感想になるかもしれません。
見た感じプルルンとはなりませんが、
静かに馴染んでいく感じなので
「ふっくら」という言葉がピッタリです。
5~10分後に触ると、
すでに馴染んでます。
安定してますね。
こちらもひび割れた時に塗ると
自然なふっくら感があり、
よい時には切れ目が
くっついてくれます。
そして、塗ると唇がポッと温かくなります。
手のひらに塗ったときにも
温かく感じますから、
有効成分のおかげだと思います。

チューブ、リップの二つを持って
出かければとても心強いです。
ぜひ使ってみてください。
ドラックストア、スーパーにもありますし、
ネットにも置いています。
ただ、体質に合わない方もおりますので、
無理なご使用だけはされませんように ´ω` )/
ではまた〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました