ポケモンGOのながらスマホで激突された。まじやめて。

スポンサーリンク

こんにちは、よこよこです。

最近、海外で大騒ぎのポケモンGOですが、日本でもとうとう発売されましたね。
おめでとうございます、いろんな意味で!!

今のアプリ業界は似たり寄ったり、様々な課金や嫌らしい広告でお金を儲けたりするわけなので、
この無料で出来る上に広告一切なし、知名度だけで人気を博すポケモンGOが、
新しい風を吹き込んでくれることを少しばかり喜んでいます。

ただ、まだまだ課題はありますよね。
ゲーム世界では、マサラタウンとかそういう町でも野生のポケモン出てなかったのに、
リアルの世界では家だろうがなんだろうが出るんですね!!怖ッ!!!
ものすごく思うのが、ゲームを送り出す方も新しい風を吹かせるのはいいけど、
様々な立場から考えて、かつ常識的に問題が多く起こるだろうと思われるならば、
懸念される問題を取り扱う機関と連携して対策を講じてからやってほしいなぁと思ってしまいます。
かなり手間はかかると思いますが。



ポケモンGOは大丈夫? 歩きスマホをやめたくなる5つの裁判例|ニューズウィーク日本版   

やっぱり、他人に迷惑がかかるっていうのはいただけないと私は思うわけです。
つまるところ、ながらスマホは本気でやめてほしい。
ながらスマホするなら一旦止まってやってほしいよ、割りとマジで。

わたしの話をしますと、先日風邪が良くなってきたので涼みに川沿いを散歩していましてね。
そこは結構運動している人がいる場所なんですが、夏休みかねぇ…複数人歩いて来た子たちがいたんです。
でも、みんな「ながらスマホ」ですよ、ポケモンゲットした!とか騒いで。
通る方としては障害物が増えたみたいで邪魔なんですよね。
あの、あれだ。歩道のド真ん中で話に夢中なオバチャンたちレベルで。

でね、フィー…と思いつつ避けようと思ったら、
「おー!」「ココにもいるじゃーん!」とか言っていきなりはしゃぎ始めたんです。

で、ハイ起こりました~。わたしに激突!
結構な勢いでぶつかられた上に、足まで踏まれてよろけてしまったんです。サンダルやでこちとら。
なけなしの運動神経で地面に手を付いてズコーッだけは堪えたんですが、君たち謝ることを知らんのかね。
「あ…」と言って終わりですよ。

はい?あ??それだけ???
もうね、おばちゃんはブチ切れましたよ。

(#・∀・)「あ?それだけ?人にぶつかっといてそれだけ?アンタ口付いてるの?」
(゚A゚;)「あ、いえ、その」
(#・∀・)「言い訳とかいらない。起こった事実に対して謝るべきだよね、普通の人間なら」
(゚A゚;)「本当にごめんなさい!!!」

居心地悪そうにササーッと立ち去る若者諸君の背中に「ながらスマホはやめておけ!」と贈る言葉。
そしたら、いつの間にやら後ろからランニングしてきたおじちゃんがわたしの隣で止まって言うんです。

「大丈夫?しかし度胸あるね、通りづらいから助かったよ」

んーと、どうもありがとうございます、と軽く会釈して別れました。
いや、私ぶつかられてイラッとした弾みで言っただけでしてそんな大層なモノでは…。汗

でも、なんだかな~って感じです。
人生が面白くなるアイデアとかは最高にイイと思うんです。
だって、人生が一気に楽しくなるんだから。
お金とか関係なしに面白くなるんですよ、そりゃ皆盛り上がりますよ。

しかも、ポケモンGOにも良い点がいっぱいあると思うんです。
「歩く」が功を奏してダイエットにつながったり、ヒッキーが外に出かけて新しい友達が出来たり、
いつも見ていなかった部分に魅力を見つけたり、
この人気に乗って観光のアプローチ方法が多様化したり…。

だから、そういうメリットがデメリットで見えなくなってしまうのは大変もったいない!
より良くなるためにみんなで考える問題ですよね。

ちなみにながらスマホ防止の対策もありましたよ。

色々書きましたが、わたしもゲームが好きなのでこれからの業界の流れにワクワクしています!
それでは楽しいポケモンライフを!

ではでは~。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました