【源吉兆庵】和菓子のお楽しみ袋をゲット!そこには…

スポンサーリンク

DSC_0008_kindlephoto-91654913

こんにちは、よこよこです。

皆さんは「源吉兆庵」という
和菓子屋さんをご存知ですか(^o^)
読み方は「みなもときっちょうあん」です。

少しお値段はしますが、
その落ち着いた店内と接客、
旬の果実をふんだんに使った和菓子は
袋を開ける前からも美しさを放っています。

我が家では節約するがてら、
たまに小分けで買いまして、
お茶菓子として一息つきます。

これがまたささやかな贅沢で
力が抜けて幸せなのです(*´ェ`*)

ということで、
今回は自称「吉兆庵大好き」なワタクシが
GETしましたお楽しみ袋をご紹介します♪


「ん、なんだこれ」

そう言って見やった先には「お楽しみ袋」の文字。
DSC_0005_kindlephoto-91602251

店頭にいくつか置かれていたこの袋。

ずばり、価格は一袋1,000円いたします。
「えっ…高くない?(゚A゚;)」と思いましたが、
中には数種類の和菓子が詰められていました。

んー、少し贅沢だけど今月はお小遣いも
少しあるし…買ってみよう。

レジでお会計を済ませ、
早速 帰宅後に中身を拝見。
DSC_0007_kindlephoto-91625018
 
小分けで4種類と…

う、うさぎ…????Σ(・∀・;)

半分以上を埋め尽くすこのうさぎは一体…
そう思い中を開けてみると、

DSC_0015_kindlephoto-91776016

なんかいっぱい入っとるーーー!!!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

さらに中から出してみました。

DSC_0014_kindlephoto-91757721

お菓子のタイトル「うさぎさん」

さすが吉兆庵…直球ストレート180キロです。
中にはうさぎさんが8個ほど入っており、 
小分けの袋に可愛らしく包まれていました。
また透明ってところがいいね!!

ちなみにうさぎさんの袋には
取っ手がついているので
中身が終わっても何かしらに使えそう。
DSC_0016_kindlephoto-91790044

上の口もキュッと締めておけちゃう。
耳はクニャクニャだけどww

他にも秋の季節感じる
ご覧のラインナップ。

▼清水かげ(しみずかげ)
DSC_0013_kindlephoto-91741945

▼芳都嬉(ほおずき)
DSC_0012_kindlephoto-91721934

▼一福延寿(いちふくえんじゅ)
DSC_0010_kindlephoto-91692298

▼福渡せんべい ※こちらは定番です
DSC_0011_kindlephoto-91707505

いやはや、豪華なラインナップです。
一福延寿は現在売りに出されてないようなので、
単品の値段はわかりませんが、
この4種類だけで800円あたりまで
いくことは確かですね。

そこにうさぎさんが入っているので、
確かに1,000円はお安いかも。

一つ一つがおいしいので、
また別の機会に味レポいたします…。

ちなみに別売りで旦那さんは
おはぎ、買っていました(笑)
DSC_0003_kindlephoto-91542118

カップいっぱいに入っていますが、
実際の大きさは小さめで、
5センチぐらいの大きさです。
1個194円。
安いきゅうり5本くらいは買えるね。

お味はスーパーでよくある
甘々のおはぎではなくて、
ほどよく甘みがある、けど控えめ。

小豆のおいしさが噛む度に出てくる
そんな上品なおはぎでした。
DSC_0004_kindlephoto-91575030
 
一口食べると、もち米の弾力を感じます!
小豆の食感ともち米のもっちり感がたまりません。
もう一個買えばよかった…
と呟く旦那さんでした。

DSC_0001_kindlephoto-91161306
 
ちなみに原材料はこちら。

ということで源吉兆庵の和菓子、
お楽しみ袋レポでした(^^)

お値段はちょっとしますが、
ぜひ吉兆庵の和菓子は一度食べてみてほしいです。
果実マルっと1つを使った旬の和菓子が、
丁寧に販売されています。

個人的には、
夏限定の「陸乃宝珠(りくのほうじゅ)」
大変お気に入りです。

「葡萄の女王」という異名を持つ
マスカット・オブ・アレキサンドリア(岡山県産)の
マスカット一粒を使った和菓子です。

また来年も食べたいな。

ではまた~。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました