熊本名産 いきなり団子を作りました~

スポンサーリンク

image
こんにちは、よこよこです。
いきなり団子、作りました。
意外と簡単におうちでもできましたよ。
大好きな味がいつでも味わえると思うと
顔がニンマリしてしまうのです。
熊本出身のわたしは
よく熊本に行ったときに
いきなり団子を食べました。
プロペラ機でものすごく揺れる、
あのイルカさんデザインのアマックスも
いきなり団子を食べられるならと
死を覚悟しつつ乗ったものです(笑)
母や父が故郷熊本へ帰って、
関東に戻ってくるときにも
必ずいきなり団子をお土産に
買ってきてもらいました。
この皮の薄さと少ししょっぱい感じ。
サツマイモのホクホクにこのあんこの甘さ。
コレコレ!という思いです。
しかし、わたしが作ったものは
まだまだですね。
少し塩気が足りなかったかな。
思い出の味になるように
また作りたいです。
いきなり団子には
紫芋のいきなり団子もあります。
実は個人的には紫芋の方が好きですが、
何事もまずは基本から、と言いますね。
あんこは市販のもので作りましたが、
自分で作ってもさぞおいしいだろう
と思います。
◆こばなし
いきなり団子を食べるとつくづく思い出す
山田舎で見たあの夏の夜空。
家に帰るときが来て
父の待つ車へ向かおうと
祖母の家の玄関を開けましたら、
そこには満天の星空が広がっていました。
埋め尽くさんばかりの
その天の川とも言える輝きに
思わず立ち止まるのです。
光が少ないこの場所だから見られる
特別な体験でした。
そして、いつも冷静な祖父が
わたしたちが帰ろうと車に乗り込むとき
初めて涙を流しました。
また会いに来るよ、と言う母の目にも涙。
わたしは今でもその風景が
写真のように頭に焼き付いています。
その後、祖父は体調を崩し入院し、
数年後には帰らぬ人となりました。
その間、何度かお見舞に行きました。
病室で桃が好きな祖父のために
祖母が切ったものを
優しく譲ってくれたものです。
大変おいしかった。
そんな思い出の詰まったいきなり団子を
じっくり噛み締めながら食べる今です。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました